2005年12月16日

■■ついにキタ! アキュラ日本導入!!■■

来年3月に『プリモ』 『クリオ』 『ベルノ』の販売店を『ホンダ』へ1本化するホンダだが、やはりその裏には 独自路線で、成功の道を歩んできたホンダ。日本国内にホンダの海外ブランドである『アキュラ』を2008年秋に導入する。
トヨタがやるならウチもやるといった意地が見える。

アキュラは北米で強さを発揮していて、特に日本、北米、共にスポコン〔スポーツコンパクト〕市場で シビック、インテグラが驚異的な人気を誇る。バイナル、ネオン管、NOS etc...で夜を盛り上げるスポコンブームへ市場は変化し、スポーツマシン市場に活気が帰ってきた。

アキュラで扱う車種は『NSX後継車』、『レジェンド』等で、ラグジュアリースポーツマシン路線全快でいくもよう。販売店は100店舗を予定している。

ホンダ車といえば『必要以上にスポーツ』『安い』『燃費が良い』などイメージが先行するが、実際に乗ると『計器類が故障しやすい』『塗装が落ちる』など、安さの訳もあるが、アキュラブランドでは『世界のホンダ』と呼ばれるその実力をとことん追求してほしいものだ
posted by raveman at 07:11| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホンダ NSX
Excerpt: NSX(エヌエスエックス)と、本田技研工業のスポーツクーペ型乗用車。 価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様は60万円高)。 その後、徐々に値上がりしていったり、グレードの違..
Weblog: 自動車試乗レポート
Tracked: 2006-07-06 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。