2005年09月04日

■■KDDI攻勢 携帯カーナビ■■

KDDIは精度の高いCDMA方式GPSを利用した「EZ助手席ナビ」を9月8日より開始します。
「EZナビウォーク」の技術などをベースに開発
使用方法は助手席の人が操作します。
お値段は月額315円 または、1日157円

魅力的な多機能カーナビを買うにはちょっと...
という車所有者への簡易版カーナビという提案
年々増える車所有者。
ETCもつけて HDDカーナビもつけて 3次元ホイールへ交換
っと、車ばかりにお金を注ぎ込むわけにはなかなかいきません。

カーナビは自分の行動範囲を大きく広げます。
あると便利どころか 知らない土地での不安を取り除き、ストレスフリーを生みます。
しかし携帯でカーナビ事業展開ということは
今後は液晶の大型化、燃料電池の投入、高性能化が予想されます。

実際助手席の人が操作ということですが、、現在のところそれほど魅力的ではありませんが、運送業界で遠隔操作できれば魅力的なのではないでしょうか
しかし、現在の携帯電話の性能では快適に動作するのでしょうか?
発熱で動作が重くなるのではないでしょうか?そのうちファン付き携帯電話が出るかもしれませんね。


そんな話題性抜群のKDDIはCMで『大塚愛』起用 基本料金見直しなど 5年前にやってほしかったことをやっと期待に応えてくれたように感じます。
ナンバーポータビリティで 時代を呼び込めるのでしょうか
posted by raveman at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6536935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。