2005年10月06日

■■トヨタ スバルを吸収■■

トヨタがGM傘下のスバルの筆頭株主になった。
トヨタは苦手とする4駆をスバルで補う。これにより、GM(アメリカ)のピンチを救うことになり、世界戦略で世界からお金を集めて、集めたお金を日本で使う。これにより日本社会が潤うことにつながる。

盗難車両で、盗難率が高いのは圧倒的に4駆である。
すなわち世界では4駆が求められるのだ。世界では、日本のような綺麗に舗装された道路が当たり前ではない。世界戦略を狙うトヨタには4駆がかかせないのだ。


また、スバルと手を組むことで、WRC復活が期待されると同時に 2000CC市場のてこ入れを図る。レガシー対策で投入されたカルディナはあえなく撃沈している。

インプ

更に、「軽」市場にも王者スズキをスバルとダイハツで引きずり降ろすかッ!?

また、トヨタはマツダにも5日 『G-BOOK ALPHA』を供給することでネットワークを構築している。

日産、ホンダ勢を近寄らせない体制だ。

Response

posted by raveman at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7796742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。