2005年10月13日

■■サッカー日本代表 ウクライナ戦■■

東欧遠征2戦目のサッカー日本代表はシェフチェンコ不在のウクライナと戦った。体の大きいウクライナの選手に、うまく体を入れられ 前半から押されっぱなしだった日本代表。前半は0-0でなんとか持ちこたえたようにも見えた。

後半 高原に代わって久々の鈴木が投入され、流れが変われッ、と思いが募る矢先に 審判の厳しいジャッジに中田(浩)が一発RED。それはないでしょう
劣勢な状況を迎えた日本代表 これは試練であり、この状況を打破できるか絶好の機会だったのでは?

すぐにフォーメーションが5バックへ変更され、村井と松井の左サイドが変わり、日本に攻撃パターンが生まれた。やはり松井だ。この男の後半投入は正解だ。大黒同様、スーパーサブ的な使い方が 彼らの実力を引き出すと感じた。ジーコは松井の実力を確信したのではないだろうか。それだけでも東欧遠征の価値は大きいといえる。 『ポジショニング』 『フェイントドリブル』、松井の存在によって 日本の攻撃のパターンに新しい色が追加された

結果は0-1で負けたが、緊張感が途絶えることがなかった試合だった。確実にチームが成長していると実感できた。


▽スタメン▽


4−4−2


柳沢 高原

中村
 中田(浩)     中田(英)
稲本

三都主 茂庭 坪井 駒野
川口



評価
《FW 柳沢 6.0》
  守りにまわり、敵陣をかき乱せず
《FW 高原 6.0》
  魂のシュート 思い届かず
《FW 鈴木 6.0》
  スタミナに不安

《MF 中村 6.5》
  攻撃の起点 視野広く、絶妙パス連発
《MF 松井 7.0》
  ピッチを「固」から「動」へ変えた
《MF 中田(英) 7.0》
  飛び出しでチャンス作る。積極的にシュート2本
《MF 稲本 5.5》
  荒っぽさが出すぎた
《MF 村井 6.0》
  飛び出しチャンス作る
《MF 中田(浩) 5.0》
  攻撃不足 DFの方が合ってる

《DF 三都主 5.5》
  攻撃封印で空回り
《DF 箕輪 5.5》
  日本の壁になれるか次回に期待
《DF 茂庭 5.5》
  堅調な守備もパスミス多く
《DF 坪井 6.5》
  スピードディフェンス生きる
《DF 駒野 5.0》
  飛び出し遅い

《GK 川口 6.5》
  ポジショニング良く
posted by raveman at 22:25| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、TBありがとうございました。
申し訳ないのですが、私もウクライナ戦記事をアップしたので、そちらにTB御願いします。(すいません・・・)

ウクライナ戦は苦しい試合内容で、2点 3点獲られてもおかしくない内容でした。
しかし、中田英寿の存在は際立っていました。
また、松井もドリブルなどで頑張っていましたね。
やはりパス回しばかりでなく、ドリブル突破という武器も必要です。
それを考えると、松井というオプションも使えるはず!
W杯に向けて日本代表がどんなメンバーになっていくのか楽しみです。
Posted by オレンジ14 at 2005年10月18日 01:28
コメントありがとうゴザイマス。
組織力が売りの日本代表には、個人技で突破できる中盤が必要不可欠ですが、今の日本代表にはパサーが中心なので、ダイレクトパスの強化が必要かもしれません。
Posted by 管理人RAVEMAN at 2005年10月18日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8084020

この記事へのトラックバック

キャプテン中田英寿 国際親善試合 ウクライナ代表 vs 日本代表
Excerpt: ジーコは今頃吠えてるだろうなと思いつつ、 ウクライナは強かった。 全然隙がないよね。 風邪なんかひいてる場合じゃないだろう、シェフチェンコ! っていうつっこみをいれたいけどしょうがない。 ..
Weblog: Down by law(ダウンバイロウ)
Tracked: 2005-10-14 08:55

東欧遠征 ウクライナ×日本
Excerpt: 東欧遠征 対戦国:ウクライナ×日本 日時:2005年10月12日(水)17:00(現地時間)キックオフ 会場:ウクライナ・キエフ、オリンピックスタジアム ■試合結果 ウクライナ×日本( 1−0 )..
Weblog: サカコリ(ブログ)
Tracked: 2005-10-18 00:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。