2005年12月12日

■■アディダス W杯公式球発表!■■

アディダスはW杯組み合わせ抽選会に開催国ドイツのエースバラック〔MF〕を起用した公式球『+プラスチームガイスト』を発表した。
公式球はドイツのチームカラーの白と黒、そしてワールドカップそのものを表す金の3色でデザインされた。また、公式球『+プラスチームガイスト』は表面の皮革を従来の32枚から14枚に減らすことにより「完ぺきな球体で、コントロールしやすく、適度に柔らかく、正確に飛ぶ」という特徴を持つ。

+チームガイスト


日本では、発表後の12月10日、12月11日に公式球『+プラスチームガイスト』発表イベントが台場:パレットタウンで開催された。

adidasEVENT


+10プラステン)」をコンセプトにイベントが行われた。


【adidas japan】
posted by raveman at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

■■サッカー日本代表 W杯対戦相手決まる■■

世界中が注目する2006年ワールドカップ ドイツ大会の日本代表の対戦国が決まった。

抽選は4つにポット分けされた国から8組に振り分ける
〔第1ポット〕
ドイツ ブラジル イングランド スペイン
メキシコ フランス アルゼンチン イタリア

〔第2ポット〕
アンゴラ コートジボワール ガーナ トーゴ
チュニジア エクアドル パラグアイ オーストラリア

〔第3ポット〕
クロアチア チェコ オランダ ポーランド
ポルトガル スウェーデン スイス ウクライナ

〔第4ポット〕
イラン 日本 韓国 サウジアラビア 
コスタリカ アメリカ トリニダード・トバゴ

〔スペシャルポット〕
セルビア・モンテネグロ

・抽選には地域性考慮により、ヨーロッパ国は1グループに2カ国まで
・ヨーロッパ以外の大陸は各グループに1カ国ずつ
という要素を盛り込んで抽選が行われた
続きを読む
posted by raveman at 10:07| Comment(0) | TrackBack(6) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

■■サッカー日本代表 アンゴラ戦 1-0勝利!!■■

2005年最後の日本代表戦ということもあり、W杯に向けて最終確認と同時にジーコへの最後のアピールともいえる試合だったのかもしれない。

相手は身体能力の高いアンゴラ。
そんなアンゴラ相手にカウンター攻撃が有力視されたが、日本は5-3-2の3バックで挑んだ。前半から縦パス多用でガンガン飛ばす日本代表だったが、高原の惜しいシュートに天を仰ぐシーンが多かった。

後半、アンゴラペースに均衡が崩せないでいた。そこへ 松井 大黒 阿部を投入し、高い位置でのボールカットでチャンスが増え、後半44分松井の代表初ゴールで 1点を守りきった日本はホームで勝利を得た。将来の日本代表を背負う男と再確認できた
この勝利を2006年につなげたい


▽スタメン▽



5−3−2


高原 柳沢

中村

三都主  中田(英) 稲本   駒野

中澤 宮本 田中

川口



評価

《FW 高原 6.5》
  積極的な攻めがチームを引っ張った
《FW 柳沢 6.0》
  マークがきつかったか!?

《MF 中村 6.0》
  動き重い
《MF 松井 7.5》
  サッカーでも松井健在
《MF 中田(英) 7.0》
  積極的な攻撃でチームを盛り上げた
《MF 稲本 6.0》
  適度な飛び出しで相手を混乱させた


《DF 三都主 5.5》
  切り込むシーンが少なかった
《DF 中澤 6.0》
  ポジショニングに定評
《DF 宮本 6.0》
  陰ながらDF統率
《DF 田中 5.5》
  大事な場面で空振りは痛い
《DF 駒野 5.5》
  スタミナ切れが目立つ

《GK 川口 6.5》
  持ち味がでた


NEWデザインの代表ユニフォームお披露目であったが、半袖のような長袖デザイン。また、フォントが丸字で語数の多い選手名が読みにくい印象を受けた。

posted by raveman at 22:16| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

■■キングカズ 500万円でシドニーへ!!■■

キングカズ 1月31日までの86日間 500万円でシドニーFCへ。
カズが38歳にして世界へ旅立つ
カズのチャレンジが再び・・・

観戦ツアーも用意されていることから 確実にカズが出場するだろう。

キングでありながら 我武者羅であり、どんな環境であろうと楽しくサッカーをする姿は いつしか憧れてしまう
そんなカズに憧れて プロを目指す人が増えそうだ。


トヨタカップチケット 11月13日発売
posted by raveman at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

■■サッカー日本代表 対戦相手またまた変更■■

サッカー日本代表の親善試合相手がコートジボアール → トーゴ → アンゴラ へ、変更になった。アンゴラはFIFAランク60位だが、激戦区アフリカでW杯出場を決めた将来の強豪国。

トーゴは契約できず、急遽アンゴラとなった。さすがに対戦相手がまた変わるということはないだろう。
posted by raveman at 21:30| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

■■サッカー日本代表 対戦相手変更■■

11月16日に予定されていたサッカー日本代表が、国際親善試合のキリン・チャレンジカップで戦う予定であった対戦相手コートジボワール代表がトーゴ代表へ変更した。
コートジボアールのエース ドログバが所属のチェルシーが、11月15日に試合があるため、主力不在になるためだ。変更後のトーゴはW杯初出場で、アフリカ勢との対戦を望む日本には申し分ない相手となるだろう。

アフリカのスピードサッカーに日本代表はどう挑むのか!?
攻撃サッカーで予選無敗のオランダ代表ファン・バステン監督は『戦術』ではなく『フォーメーション』が全てと語るが・・・

日本も攻撃的フォーメーションを見てみたいものです。
ウクライナ戦のように10人で戦う場面を想定して5バックを試すか? 


【参考:サンスポ
posted by raveman at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

■■サッカー日本代表 ウクライナ戦■■

東欧遠征2戦目のサッカー日本代表はシェフチェンコ不在のウクライナと戦った。体の大きいウクライナの選手に、うまく体を入れられ 前半から押されっぱなしだった日本代表。前半は0-0でなんとか持ちこたえたようにも見えた。

後半 高原に代わって久々の鈴木が投入され、流れが変われッ、と思いが募る矢先に 審判の厳しいジャッジに中田(浩)が一発RED。それはないでしょう
劣勢な状況を迎えた日本代表 これは試練であり、この状況を打破できるか絶好の機会だったのでは?

すぐにフォーメーションが5バックへ変更され、村井と松井の左サイドが変わり、日本に攻撃パターンが生まれた。やはり松井だ。この男の後半投入は正解だ。大黒同様、スーパーサブ的な使い方が 彼らの実力を引き出すと感じた。ジーコは松井の実力を確信したのではないだろうか。それだけでも東欧遠征の価値は大きいといえる。 『ポジショニング』 『フェイントドリブル』、松井の存在によって 日本の攻撃のパターンに新しい色が追加された

結果は0-1で負けたが、緊張感が途絶えることがなかった試合だった。確実にチームが成長していると実感できた。


▽スタメン▽


4−4−2


柳沢 高原

中村
 中田(浩)     中田(英)
稲本

三都主 茂庭 坪井 駒野
川口



評価
《FW 柳沢 6.0》
  守りにまわり、敵陣をかき乱せず
《FW 高原 6.0》
  魂のシュート 思い届かず
《FW 鈴木 6.0》
  スタミナに不安

《MF 中村 6.5》
  攻撃の起点 視野広く、絶妙パス連発
《MF 松井 7.0》
  ピッチを「固」から「動」へ変えた
《MF 中田(英) 7.0》
  飛び出しでチャンス作る。積極的にシュート2本
《MF 稲本 5.5》
  荒っぽさが出すぎた
《MF 村井 6.0》
  飛び出しチャンス作る
《MF 中田(浩) 5.0》
  攻撃不足 DFの方が合ってる

《DF 三都主 5.5》
  攻撃封印で空回り
《DF 箕輪 5.5》
  日本の壁になれるか次回に期待
《DF 茂庭 5.5》
  堅調な守備もパスミス多く
《DF 坪井 6.5》
  スピードディフェンス生きる
《DF 駒野 5.0》
  飛び出し遅い

《GK 川口 6.5》
  ポジショニング良く
posted by raveman at 22:25| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

■■サッカー日本代表 ラトビア戦ドロー■■

東欧遠征第1戦のラトビアにサッカー日本代表は2点先制するも、試合終了間際に同点に追いつかれ、辛くも『2-2』のドローに終わる。

▽スタメン▽

4−4−2

柳沢 高原

中村
 松井     中田(英)
稲本

中田(浩) 茂庭 田中(誠) 駒野
土肥



またまた右足負傷の小野の代役に松井が投入された。
スタメンにはFW、MF全て欧州組で挑んだ。前半ではキレのいい動きで勝利はもらったかのように思えたが、後半体の大きいラトビア選手の対応に疲れがでた。

中央でボールを回すシーンが多く、とられそうになるとサイドへ回すシーンが多かった。パターン化された攻撃にアイデアが必要だ。少し我慢の時間が長すぎた。

途中出場の大久保はピッチに出たものの、ボールが回ってこない状況で、ボールが回ってきても孤立して大久保の選択肢は「強引な突破」か、「強引なシュート」しかなかった。交代が遅かったかもしれない。


評価
FW 柳沢 6.5》
  ポジショニングでチャンスを多く作った
FW 高原 6.5》
  中距離からのシュートで攻撃の幅を広げた
  
MF 中村 6.0》
  FK・CK仕事人
MF 松井 6.5》
  すばやい攻守切り替えに思わぬ刺客的効果
MF 中田(英) 6.0》
  当たり負けしないボディバランスはチャンスを作った
MF 稲本 6.0》
  もう少し刺客的な動きがあってもよかった

DF 中田(浩) 5.5》
  オーバーラップが少なかった
DF 茂庭 5.5》
  コミュニケーション不足あきらか
DF 田中(誠) 6.0》
  センターバックは不向きか!?
DF 駒野 5.5》
  個人技に磨きを・・・

GK 土肥 6.0》
  セービングに拍手
posted by raveman at 09:44| Comment(0) | TrackBack(7) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

■■サッカー日本代表 キャッチフレーズ投票■■

JFAではW杯へ向けて 「2006日本代表新キャッチフレーズ制作プロジェクト」を立ち上げた。抽選でW杯チケットや日本代表強化試合観戦チケットが当たります。

やっぱりsamuraiかしら?

日本サッカー協会 http://www.jfa-2006.jp/
posted by raveman at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

■■サッカー日本代表 東欧遠征選手21人発表■■

サッカー日本代表 東ヨーロッパ遠征〔8日のラトビア戦 12日ウクライナ戦〕での 21選手を発表!

〔FW 4名〕
柳沢敦 高原直泰 大久保嘉人 鈴木隆行

〔MF 8名〕
中田英寿 中村俊輔 中田浩二 稲本潤一 
小野伸二 松井大輔
 本山雅志 村井慎二

〔DF 6名〕
田中誠 箕輪義信 三都主アレサンドロ
坪井慶介 駒野友一 茂庭照幸

〔GK 3名〕
土肥洋一 川口能活 楢崎正剛


代表選手に欧州組が9人選ばれた。また、宮本、中澤、大黒、小笠原、加地らJリーグオールスター選出選手は代表見送りとなった。代表久々の大久保、小野 次期司令塔有力視されている松井が召集される。

今回の遠征では欧州組の実力の再確認と守り・フォーメーションの新しい試みだろう
3トップができそうなメンバーにも見えるが・・・
中盤で誰が来るのか予想することが難問だ

posted by raveman at 21:36| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

■■柏レイソルにサッカー伝道師■■

ホームで全く勝てず、サポーターの期待にいつも応えられなかった柏レイソルに魂のサッカー伝道師ラモス瑠偉がコーチに就任。
サッカー入魂の姿勢に期待が高まる。
そんな17日(土)、首位争いのガンバ大阪戦に柏レイソルは2-1でホームでの勝利。ラモスの魂がのり移ったのかチームが大きく変わった。
12人目の選手がフィールドの選手を刺激する。

みているだけで、気持ちが高ぶる。
今後の日本サッカーに必要な人材と確信した。


ラモス瑠偉公式サイト
http://www.sunget.co.jp/ramos/index2.html
posted by raveman at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

■■キングカズ移籍!?■■

三浦知良(38)こと キングカズがシドニーFC(オーストラリア)から
期限付き移籍の方向で話がすすんでいた。
FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ2005』に
オセアニアチャンピオンでシドニーFCの出場が決まっている。
シドニーFCとしては、トヨタカップでカズを起用したい模様。

日本サッカー界の先導者キングカズを手に入れるということは
日本サポーターを見方につけることに等しい


カズ自身も7月に横浜FCへ加入したばかりで、新天地での決意、38歳でのチャンス
現在葛藤していることであろう

ファンにはどこであろうとカズにはグランドを走り回っていてほしいことだろう
そんな今後のカズを応援したい。



参考:nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050914-0025.html
posted by raveman at 00:22| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

■■サッカー日本代表 5ゴール■■

9/7 サッカー日本代表は親善試合ホンジュラスとの一戦で終わってみれば 5-4 で勝利した

▽スタメン▽
柳沢 高原

中村      中田(英)
  中田(浩) 稲本

三都主 宮本 中澤 加地
楢崎



予想どおりの欧州組6人起用で 4-4-2のフォーメーション
練習試合ではヒデと俊介のポジションが逆だったが、適切なポジションで挑んだ

今回のゲームではFW陣で3点取ったということに確かな手ごたえがあったように思える
さらに、誰がシュートを打つかわからないくらい攻撃面でプレッシャーを与え、今後の日本戦相手チームに攻略を難しくさせる

守りでは、4バックに不安はあったが、日本のようにパスでつないでいくチームには
点を取るには4バックしかない サイドバックがあがることで相手チームに混乱をうみチャンスが生まれる

今回のゲームでは、追加点を許した後も選手たちがあきらめない心が
サポーター達に勇気をくれた 感動をくれた
W杯での活躍を期待してしまう

評価
《FW 柳沢 7.0》
  ゴールへの嗅覚は鈍っていない
《FW 高原 6.0》
  チャンスをうむポジショニングが必要
  
《MF 中村 6.5》
  精度の高いFKは大きな武器
《MF 中田(英) 5.5》
  コミュニケーション不足か!?
《MF 中田(浩) 5.5》
  堅実だが相手の度肝をぬいてほしい
《MF 稲本 6.0》
  マークがきつかったか!?

《DF 三都主 5.0》
  失点はオーバーラップの代償
《DF 宮本 5.5》
  4バックでの統率は次回に期待
《DF 中澤 6.5》
  キーパーの前に中澤あり
《DF 加地 5.5》
  スタミナ切れは痛い

《GK 楢崎 5.0》
  失点はポジショニング次第

posted by raveman at 21:44| Comment(1) | TrackBack(8) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

■■サッカー日本代表 ホンジュラス戦 4バック■■

サッカー日本代表は仙台ユースと練習試合で
4-4-2の4バックで戦った


柳沢 高原

中田(英)      中村
   中田(浩) 稲本

三都主 宮本 中澤 加地
楢崎



ホンジュラス戦はこのメンバーでいく
気になるポジションは左サイドにヒデ 右サイドに俊介
4人が点を取りにいく模様
中田(浩)、稲本、三都主、加地が前後に動き、
相手のマークを混乱させるのだろうか!?

参考:YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20050905i414.htm


続きを読む
posted by raveman at 21:39| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

■■サッカー日本代表 ホンジュラス戦23人発表■■

9月7日に行われるサッカー日本代表vsホンジュラス との戦いでのメンバー23人が発表された。予定通り欧州組6人は招集された


〔FW 4名〕
柳沢 敦 高原直泰 玉田圭司 大黒将志


〔MF 7名〕
中田英寿 中村俊輔 小笠原満男 
中田浩二 稲本潤一 福西崇史 遠藤保仁


〔DF 9名〕
三浦淳宏 宮本恒靖 田中 誠 中澤佑二 
三都主 坪井慶介 加地 亮 駒野友一 茂庭照幸


〔GK 3名〕
楢崎正剛 土肥洋一 曽ケ端準

以上23名が発表された
スピード&パワーのホンジュラス相手にカウンター攻撃だろうか?
ジーコ監督は
「欧州組はできるだけ使っていく」
「これからはメンバーをあまり変えない」と、コメント

ホンジュラス戦は欧州組の実力再確認と国内組と欧州組の想像力を期待しているようだ
ジーコの寵愛した鈴木(鹿)は23人からもれた
現在の寵愛者は「玉田」「小笠原」ジーコが信頼を寄せている

予想先発メンバー

柳沢 高原

中村   小笠原  中田(英)
中田(浩)  稲本

中澤  宮本  田中
楢崎


FWと小笠原の運動量が鍵を握る
posted by raveman at 10:43| Comment(3) | TrackBack(5) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

■■サッカー日本代表 欧州組招集■■

サッカー日本代表 9月7日ホンジュラス戦で欧州組を召集する
気になるメンバーは 中田(英) 中村 属本 中田(浩) 柳沢 高原の6名
FWを2人 司令塔2人 とにかく得点力補強で、国内組と刺激を交わす

レギュラー白紙で レギュラー争いから面白い
移籍問題で最終的に国内残留を決めた小笠原(鹿島)は、ジーコジャパンでは激戦区のCMF(センターミッドフィルダー)でレギュラー争いをする
対戦相手のホンジュラスはスタミナとスピードがあり、中田(英)がボランチで起用されることが予想され、マークがキツイ中村俊介を左サイドで起用するのではないだろうか
そうなるとCMFは小笠原となる

ホンジュラス戦は、欧州組召集ということもあり、新たなフォーメーションのチャレンジも考えられる まさかの3トップ!?
会場は宮城スタジアムということもあり、わざわざ来てくれたサポーターの為になにかありそうだ。


posted by raveman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

■■サッカー日本代表 イラン戦勝利 1位通過■■

現在グループ2位の日本はグループ1位のイランとの直接対決
試合前に『グループ1位通過する』と意気込むジーコ監督
中澤は『同じ相手に2度は負けない』と意識は高い

 ゲーム開始と同時にいきなり畳み掛けるような攻撃の日本代表
高い位置でのボールカット イランに考える余裕を与えないハイプレッシャー


そんなスタメンは以下のとおり

玉田  大黒

小笠原
サントス          加地

遠藤  福西

中澤 宮本 田中

川口


大黒 玉田の力の限り走り続ける姿はサポーターの気持ちを乗せていた
そんな2人の連携プレーが先制点のきっかけを作り、加地が押し込んだ

先制点01.jpg
続きを読む
posted by raveman at 21:53| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

■■サッカー日本代表 田中達也 坪井代表辞退■■

 サッカー日本代表 浦和レッズの田中達也、坪井は怪我の為、17日のイラン戦 代表を辞退する。2人は日本代表を底上げした立役者なだけに代表辞退は 日本の隠し玉がなくなってしまったような気がする。
尚、追加召集はないもようで ジーコ監督は現在のメンバーでイラン戦に挑む


しかし、うれしい知らせもある
イラン代表のエース カリミ(MF)は 次の試合には代表から外れるという、イラン戦アウェーで日本を苦しめたカリミ不在は日本にとって勝率アップ確実。

現在リーグ2位の日本は17日のイラン戦に勝てばリーグ1位に躍り出る
是非とも イラン戦には勝ってほしい



posted by raveman at 20:58| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

■■NEC軽井沢72 宮里 藍2位■■

荒れ狂う天気のなか、軽井沢72〔北〕では 朝早くから、たくさんのギャラリーが来ていた

当然 みんなの目的は大人気の『宮里 藍』だ
数百人はいただろうか

宮里 藍が打てば大きな拍手
宮里 藍が移動すれば ギャラリーも一緒に移動する
水面下では、ギャラリーもよく見えるポジション確保で熾烈な争いが
繰り広げられているようだ

そんな宮里 藍もゲーム中だが、ギャラリーへのファンサービスは忘れない

 
軽井沢72  軽井沢72宮里 藍


続きを読む
posted by raveman at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

■■サッカー日本代表 松井召集!?■■

ポスト中田英寿こと フランスリーグ ルマン松井大輔を日本サッカー協会・川淵三郎キャプテンは松井を視察し、良ければジーコ監督に推薦ということだ

松井 阿部 石川 次世代サッカー日本代表の頼もしい存在だ

司令塔をこなし、キラーパスを持ち、当たり負けしない まさにヒデだ
また、阿部と共に読みが鋭い為、高い位置でのボールカットが期待できる

松井が召集されれば、日本代表の攻撃に厚みと有効なサイド攻撃を多く生み出せるだろう


ファンタジスタの存在は大きい
posted by raveman at 21:14| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。